キャッシングの審査を効率的に通すコツ

MENU

キャッシングの審査を効率的に通すコツ

何度か借入をしたことがあったうえ、過去に銀行で働いていたことがあったのでキャッシングを利用するのはあまり不安ではありませんでした。審査の詳細までは以前と変わっているかもしれませんが、結局は収入と信用情報がポイントになるので、生活には特に気を付けて過ごしていました。

 

キャッシングでは主に機械のシステムチェックで最初に異常がないかどうかチェックするので、その時点ではじかれてしまえば借り入れはできません。借入限度額が大きければ審査内容も厳しくなるので、私は利用限度額の申告を低めの20万円にして、申し込みました。収入も十分あり、信用にも不安はなかったのですが、審査に落ちることの方がリスクが大きいので、自分の中では絶対に大丈夫だと思う金額で申し込みました。

 

収入証明書も提出しました。20万円くらいの借入では証明書はなくてもよいですが、収入が十分ある場合には、希望として申し出た金額よりも借り入れできる金額まで銀行側で限度額を操作することもあります。その時点でどこまで借り入れできるのかがはっきりわかるので、最初の申し込みは低めに見積もっておくと安全でしょう。

 

もちろん、申告通りの結果をはじき返すシステムも多いですが、人がチェックしなければいけないような収入証明書の提出がある場合には、この方法も有利に活用できます。もちろん収入に自信がなければ意味がないので、仕事でもある程度成功している必要があります。

 

理想としては借金をしないのが良いですが、場合によっては自分の懐からお金を出さないほうが良いこともあるので、工夫して頼るようにしましょう。

 

キャッシングは高額な借り入れに比べれば審査にも通過しやすいサービスですが、少額だからと言って借り入れしすぎれば返済の負担も金利も増えてしまいます。十分に収入があればまとめて返済することもできますが、そもそも収入が十分あるならばキャッシングを頼ることもないので、時間をかけて返済する方は特に気を付けましょう。

 

利用限度額は20万円のサービスで20万円も借り入れをしてしまうとかなり危険です。金利はあまり下がらないうえ、返済も長期化しやすいため、出費の後にしばらく返済をしなければいけない日々が続きます。お金の用意が十分ならばよいですが、不足しているお金の補充という意味合いで借金をした場合は借りすぎは注意しましょう。すぐに返済できるめどが立っているならば、ぎりぎりまでの借入でも何とか対処できます。

 

審査を受けるときにはキャッシングでも収入はとても大切です。また、他行からの借入件数や借入金額、契約件数もできる限り把握しておきましょう。審査の時に自分で入力する場合がほとんどなので、申告内容と信用情報に記載されている情報が異なっていると審査に通過できないこともあります。

 

1件、2件ほどのミスはあまり気にされないサービスもあるようですが、借り入れを明らかにしているのに、借り入れはないと申告するような場合には審査はまず通らないと思った方が良いです。あとから見つかってしまうと、すぐに利用停止にされてしまったり、分割での支払いが急に一括での支払いに変更になることもあるので注意が必要です。

 

キャッシングは非常に便利で、契約内容もそこまで難しくないので個人で判断することも可能です。しかし、ネット上に記載されているような実際に利用した人々の口コミをチェックしておくとより安心できます。消費者金融や銀行からの電話がかかってきた場合や、おかしな取り立ての話がチェックできれば事前に対策も立てられるでしょう。

 

すべてを信用できるわけではないですが、過去の過払い金の返還金額くらいは弁護士や司法書士の事務所のホームページで確認できる場合もあるので、しっかりとリサーチをしてみてください。身近なところに同じサービスの利用者を見つけるのは難しいので、ネット上で少しでも同じ境遇の方が見つけられれば、対策も準備も色々と立てられます。

お勧めサイト

  • お金借りる

    誰にもバレずに安心してお金を借りる方法、在籍確認の知識、実際に借入した体験談など。

  •  

  • キャッシング審査

    キャッシングの審査に通るためのポイント、消費者金融の選び方、実際に借入した体験談など。